本文へスキップ

安藤昌益と千住宿の関係を調べる会は、通称「調べる会」といいます。

TEL. 03-3887-8021

〒123-0852 東京都足立区関原2−14−20−105 矢内信悟方

安藤昌益とは

 1703年(元禄16年)―1762年11月29日(宝暦12年10月14日)。江戸時代中期の医者・思想家。秋田藩出身。号を確龍堂良中。  

 秋田比内二井田村(現在の大館市)の農家に生まれた。長男ではなく利発であったことから、元服前後に京都に上り、仏門に入った(寺は不明)。しかし、仏教の教えと現状に疑問を持ち、どういう伝手かは不明だが医師である味岡三伯の門を叩いた。味岡三伯は後世方別派に属する医師である。ここで医師としての修行をし、八戸で開業したとされているが詳細は不明。

 陸奥国八戸の櫓(やぐら)横丁に居住し開業医となった。延享元年(1744年)8月の八戸藩の日記には、櫛引八幡宮の流鏑馬の射手を治療したことが記録に残されている。同年に八戸の天聖寺にて講演を行う。宝暦8年(1757年)頃、出羽国大館に帰郷。弟子の神山仙確は八戸藩主の側医。

 宝暦6年(1756年)9月、郷里の本家を継いでいた兄が亡くなり、家督を継ぐものがいなくなった。このため、宝暦8年ごろに妻子を八戸に残し、二井田に1人で戻った。結局、家督は親戚筋から養子を迎え入れて継がせたが、昌益自身も村に残り村人の治療にあたった。八戸では昌益の息子と思われる安藤周伯が医師活動を行っている。なお、宝暦10年前後には、八戸の弟子たちが一門の全国集会を開催し、昌益も参加したとの説に対し異論も出ている。参加者は松前から京都、大阪まで総勢14名。その後再び郷里へ戻り、そこで亡くなったとされている。

 身分・階級差別を否定して、全ての者が労働(鍬で直に地面を耕し、築いた田畑で額に汗して働くという「直耕」)に携わるべきであると主張した。徹底した平等思想を唱えている。 特に著書『自然真営道』の内容は、共産主義や農本主義、エコロジーに通じる考えとされているが、無政府主義(アナキズム)の思想にも関連性があるという、間口の広さが見受けられる。またこの書の中で日本の権力が封建体制を維持し民衆を搾取するために儒教を利用してきたとみなし、孔子と儒教を徹底的に批判した。発見者・狩野亨吉をして「狂人の書」と言わしめ、レーニンをも唸らせたという。

 後に在日カナダ大使であるハーバート・ノーマンの手により、『忘れられた思想家―安藤昌益のこと』が記されることで周知の人物となった。

・稿本『自然真営道』(全101巻。1899年、狩野亨吉が再発見)- 弟子の神山仙確が昌益の死後に遺稿をまとめたもの(序文が仙確による追悼文)
・『統道真伝』(1752年頃著す。全5巻)
・刊本『自然真営道』(1753年刊行。3巻3冊)

 主著といえる稿本『自然真営道』は発見者である狩野亨吉によって、東京帝国大学図書館におさめられたが、その大半が関東大震災で焼失した。その後、『統道真伝』や刊本『自然真営道』などが発見され、それらの文献をもとに、1983年 - 1987年に『安藤昌益全集』(安藤昌益研究会編、農山漁村文化協会、全21巻別巻1)が刊行された。

 全集の刊行後、1969年に京都大学医学部図書館で発見されていた『真斎謾筆』という古医書が、その内容から稿本『自然真営道』の後半部分を写したものであると判明した。また、2001年には内藤記念くすり博物館の大同薬室文庫から『良中子神医天真』と『良中子先生自然真営道方』という昌益の医学書を要約した文献が発見され、これらは2005年に『安藤昌益全集』の増補篇(全3巻)に収録された。


バナースペース

安藤昌益と千住宿の関係を調べる会

〒123-0852
東京都足立区関原2−14−20−105 矢内信悟 方

TEL 03-3887-8021
FAX 03-3887-8021